痛い

MENU
みなさんは、何か冷たいものを食べた時に、「キーン」「ツーン」と歯がしみた経験はありませんか?

実は歯のホワイトニングも、ホワイトニングの施術を受けた後に、これに似た痛みが発生することがよくあります。
虫歯ではなくても、ホワイトニングの薬剤の作用で歯がしみてしまうのです。
ここでは歯のホワイトニングを希望する方は知っておきたい、ホワイトニングの痛さについて押さえておきましょう。

歯のホワイトニングが痛いという噂の真相!

「ホワイトニングが痛い」と聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、この「痛い」は、冷たいものを食べた時の歯の痛みに一番近い痛みで、施術自体が痛いわけではありません。

どうして痛みが発生するのかといえば、歯のホワイトニングは消毒薬を濃くした薬剤なので、傷口に消毒を付けるとしみるように、歯の場合もエナメルが溶けて象牙質がむき出しになってしまっている場合、しみるわけなのですね。

歯のホワイトニングをすると、確実にしみるのかといえば、実はオフィスホワイトニングの場合は、象牙質や歯根が出ている部分には薬剤を塗布しないので、しみないといわれています。
そう、痛くないように工夫されているのです。

もしホワイトニング後に歯がしみるようになったら、焦らないでくださいね!
というのも、ホワイトニング後に発生する歯のしみる症状は、24時間以内におさまる一過性のものだからなのです。

さらに、知覚過敏用歯磨き粉や、フッ素配合の歯磨き粉を使用すると痛みが治まるといわれています。
マメ知識として知っておくと、安心でしょう。

歯のホワイトニングがしみる原因


歯ぎしりをして歯の先が割れている

先端の象牙質がむき出しになっているため、薬剤がつくとしみて痛いと感じるでしょう。
オフィスホワイトニングの際には、この部分は避けることで痛みを回避できます。

歯にひびが入っている

目に見えるひびではないけれど、歯にひびが入っている方は、薬剤を塗布するとしみます。
ホワイトニングの前に、ひびをカルシウムなどで埋めるなど対処をすると、しみるのを防げます。

虫歯がある場合/詰め物の隙間

虫歯がある方や、歯に詰め物があって、その詰め物に隙間がある場合は、薬剤を塗布するとしみることが。
虫歯治療後にホワイトニングに挑んでください。

歯茎の退縮

歯周病のほか、年齢とともに歯茎が退縮し、歯根が出ている場合は、ホワイトニングをするとしみます。
オフィスホワイトニングでは、しみなようにガードすることができます。

薬剤の濃度が高すぎる

ホワイトニングの薬剤の濃度が高いとしみてしまう可能性が高くなることが、知られています。
しみるのが怖い方は、薬剤の濃度が薄いものを選びましょう。