オフィスホワイトニング

MENU
アルバイトや仕事の面接でも、初めて知り会った方と話をするときも、私たちがまず一番初めに目が行くのは、口元ではないでしょうか。

そしてその口元を無意識のうちに、細かくチェックしている…。
唇の厚さや荒れ具合い、色、さらに歯並び、歯の色、そして息。

実は私たちの口元は、顔の中では目元よりも力を入れたほうがよいパーツなのです。

歯が黄色い方、黒ずんでしまっている方の中には、歯が気になって口を開けて笑って写真が撮れない、という深刻な悩みを抱えている方もいらっしゃいます。

そういう方は、真剣にホワイトニングをしたいと思っているのではないでしょうか。
歯並びが悪い方は、ローンを組んででも歯列矯正をしたほうが、その後の人生も楽しくなりそうですよね。
やはり歯はお金をかけてでもケアしたほうが良い、というのは間違いないといえるでしょう。

ここでは、簡単に憧れの白い歯が手に入るといわれている、審美歯科やエステサロンでのオフィスホワイトニングについてをメインに、ご紹介しています。

審美歯科でのオフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングができる場所は審美歯科や美容歯科のほかにもいくつかあり、さらにオフィスホワイトニングと類似したホワイトニング方法もいくつかあります。
ここではオフィスホワイトニングについて、細かくチェックしてみましょう。

オフィスホワイトニングってなに?

歯にホワイトニング用の薬剤を塗布し、その上から特殊なレーザーを当てると、光と薬剤の関係で化学反応を起こし、この化学反応で、歯を白くするという方法なのです。

さらにオフィスホワイトニングは、短時間&短期間で効率よく歯を白くできるため、歯のホワイトニングに時間がかけられない、という方にお勧めの方法です。
もちろん、オフィスホワイトニングをする前には、歯のクリーニングを行ってからにしたほうが、ホワイトニング効果が高まりますのでお勧めです。

オフィスホワイトニングをできる場所の候補を上げろ、といわれたら、10人中8人は、「審美歯科」と答えるのではないでしょうか。
エステサロンでも歯のホワイトニングを行っているところがありますが、歯のことは歯のプロにお任せしたいと思われる方が多いようです。

審美歯科について軽く触れておくと、審美歯科とはその名の通り、歯を美しくするための歯医者です。

例えば怪我や虫歯などで歯がかけてしまった場合、かけてしまった歯を元通りに復元するためにお手伝いをしてくれる歯医者さんで、壊れた歯のために、歯に詰め物をしたり、セラミックなどをかぶせたり、といった施術を施してくれます。
さらに、歯の機能の回復だけではなく、口元の美しさ、周りの歯からケアした歯だけが浮かない、美しい歯を追及している歯医者さんといってもよいかもしれません。

小さい頃虫歯が多かった方は、笑ったときに、奥のほうにきらりと光る銀歯に、自分でも自信を失ってしまうことはありませんか。
また、差し歯を入れたら、他の歯の色と若干歯の色が違うのがコンプレックス、という方もよくいらっしゃいますよね。

こういったコンプレックスがあると、なかなか人前で大きな笑顔を作るのが難しくなったりするものです。
そういう歯のコンプレックスを解消するためには、審美歯科にお願いすることになります。

テトラサイクリンといって、歯の形成期といわれる0−12歳の間にテトラサイクリン系抗生物質を服用すると歯に色がついてしまう薬があるのですが、そのせいで歯が黄色くなってしまった方もいらっしゃいます。
このように薬品で黄色になってしまうと、簡単には色が落ちないのです。
そんな歯も、白くすることができるのが、ホワイトニングのすごいところです。

ホームホワイトニングとの併用

オフィスホワイトニングをする方に合わせてお勧めしたいのが、ホームホワイトニングという方法です。
オフィスホワイトニングで白くした歯を維持するために効果的といえるこちらの方法。

自分専用のマウスピースを歯科医院で作ってもらい、そこに薬剤を塗布して一日2時間など、決められた時間装着することで、歯を白くすることができるといわれています。
時間がない方でも、家に帰ってテレビを見ている間の2時間程度、歯にマウスピースを付けていることはできるのではないでしょうか?
しっかり歯を白くしたい方は、オフィスホワイトニングと合わせてお願いするとよいでしょう。

歯茎のメラニン色素除去

せっかくオフィスホワイトニングをするのであれば、メラニン色素を歯茎から除去してもらえるメラニン色素除去をお願いするのもまた、お勧めですよ。
歯が白くなる分、歯茎の色は目立ちますからね。

実はメラニン色素除去をやると、数日の間は歯茎が白くなってしまいます。
薬剤の効果が浸透している間は、歯茎が白くなってしまうのです。
そのため、会社に勤めている方はマスクが必要でしょうし、営業職であればむずかしいかもしれません。

とはいえ、10日前後で歯茎の表面の薬剤がはがれてきて、きれいなピンク色の歯茎になります。
営業職の方も白い歯とピンクの歯茎にしたほうが、クライアントさんも気持ちよく話を聞いてくれそうですよね。

オフィスホワイトニングより上のラミネートべニア

ラミネートベニアは、歯の表面を削ってしまい、セラミック製の薄い板をはりつける方法です。
歯と歯の間に隙間がある方、ホワイトニングをしても歯が白くならない人の最終手段として知られており、特に前歯にコンプレックスを抱えている人にお勧めです。
見た目は普通の歯と変わりませんが、白い歯の効果はラミネートをくっつけてしまっているので、効果は永久といわれています。

セラミックインレー

奥歯などが銀歯で、白い歯にしたい、というときにお勧めなのがセラミックインレーです。
いくら歯のホワイトニングをしても、銀歯は白くなりませんからね!
耐久性があり、見た目は普通の歯なので、歯がきれいに見えます。

セラミッククラウン

歯が欠けてしまっているので、オフィスホワイトニングはできないと諦めている方は、セラミッククラウンで欠けた歯をカバーしてみてはいかがでしょうか。
セラミッククラウンは、欠けた歯の上にセラミックで出来た歯をかぶしてしまう、という方法です。
歯茎も変色しないので、まったく違和感なく白い歯に変えることができるでしょう。

オフィスホワイトニングの種類

オフィスホワイトニングには、いくつかの種類があります。
オフィスホワイトニングをお考えの方は、目を通してみてください。

ハイライト オフィスホワイトニング

世界初のオフィスホワイトニングで、オフィスホワイトニングの方法の中では一番ベーシックな方法です。
ハイライトを使用してホワイトニングする際には、ホワイトニング剤を歯に塗布した後、ハロゲンライトを当てて歯を白くします。
1回の施術で1〜2段階歯を白くすることができるといわれています。

ハイライトでのホワイトニングは、施術時間が1回約20〜30分程度と普通の歯医者にかかる程度の時間で終わりますが、ホワイトニングの効果は強くないので、自分が納得できる白さにする前には数回の施術が必要な場合があります。
料金はクリニックによって変わってきますが、1本数千円〜1万円前後といわれています。

レーザーホワイトニング(ダイオードレーザー)

ハイライトではハロゲンライトを使用して歯を白くしていますが、レーザーホワイトニングでは、ホワイトニング効果のある波長を持つと言われるダイオードレーザーを使用しホワイトニング効果のアップを目指した方法です。
実際その効果はハイライトよりも強く、1回の施術で3−4段階歯が白くなるといわれています。
施術はハイライトよりも時間がかかり、施術所要時間は1−1時間半程度かかるといわれています。
料金もハイライトより高く、1本1万円〜3万円程度となります。

スピードホワイトニング

レーザーホワイトニングのコストがかかるため、それよりも低料金でできるようにと開発されたのが、スピードホワイトニングです。
ハロゲンライトよりも効果は強く、薬剤もレーザーと同じものを使用して行います。
プラズマアークライトやキセノンランプを使用し、効率よく短時間/短期間で歯を白くしていきます。
1回から2回の施術で、3−5段階上の白い歯を目指すことができるといわれています。
施術には1回1時間程度の時間がかかり、治療費は1本1万円が相場です。

FAPホワイトニング

レーザーを当てず、歯に過酸化水素にリン酸、フッ素、ハイドロキシアパタイトを配合した薬剤を塗布し、徐々に歯を白くする方法です。
1回で1〜2段階歯を白くすることができますが、効果が弱いため10回以上通うことになることもありますし、また1本1万円前後の治療費がかかるので、よくメリットデメリットを見極めてから決めましょう。

ブライトスマイル

NASAの科学者が開発したホワイトニングで、プラズマライトを歯のアーチに沿って配列、口の中全体に一度に光が当たるように工夫されています。
1回で20本前後の歯を8〜10段階白くすることができ、20本で6万円から10万円程度が相場とお勧めのホワイトニング法です。

マルチアーチホワイトニング

金欠だけど、一気にできるだけ多くの歯をリーズナブルにホワイトニングしたい、という方におすすめなのが、マルチアーチホワイトニングです。
この方法なら1度に12本程度の歯を白くし、さらに1回で2−4段階白くなるうえに、1回1万円程度で12本治療してもらえるのでかなりお勧めです。
施術時間は、30分から1時間となります。

ジェルホワイトニング

レーザーを使用しないため薬剤が高濃度で、知覚過敏が出やすい方法としても知られるジェルホワイトニング。
光は使わなくとも、1回の施術で2段階から3段階歯が白くなるといわれており、料金は1回1−3万円程度となっています。

Zoom ズーム

機械のヘッド部分にライトのバルブを入れて、前歯全体に光が当たるように設計されたマシンを使って光を照射する方法です。
一度に12〜16本程度の歯をホワイトニングすることができ、1回で8段階程度、白くなるといわれています。
1回12本30,000円〜50,000円程度の金額がかかります。

ビヨンド

マシンのヘッドにハロゲンライトのバルブを並べ、フィルターを通すことで、紫外線をカットしつつ歯を安全に照射することができるこちらの方法。
1回の施術で2〜3段階白くなり、価格もサロンによってばらつきはあるものの、1回12本1−3万円程度となっています。

ルマクール

青色LEDを口のアーチにそって設定、口の中全体に光が当たるようにしたホワイトニングで、知覚過敏は出にくいものの、効果は若干弱め。
1回の施術で、3−6段階白くなるといわれています。
料金は、1回につき12本で3万−5万程度です。

Tion/ティオン

日本の企業が開発した、二酸化チタンと窒素を触媒してホワイトニングする方法です。
二酸化チタンが反応するLEDを使って、ホワイトニング剤を活性化させ、1回の施術で3〜6段階前後、歯を白くすることができます。
料金は1回12本で3万〜5万円程度です。

ピレーネ 

こちらも、二酸化チタンを触媒して使用するホワイトニング方法です。
知覚過敏は出にくいものの、効果は出にくいといわれています。
1回の施術で1−2段階白くなり、施術時間も20分程度と短時間、さらに料金は1回数千円とお財布と施術時間には優しい方法です。

LEDホワイトニング 

LEDを口のアーチに沿って配置し、口の中全体に光が当たるように設計されたホワイトニング方法で、1回の施術で2〜5段階歯が白くなります。
時間は1回1時間前後、料金は1回につき12本で3−5万円が相場です。

ピュールホワイト

二酸化チタン配合のジェルに紫外線LEDを照射するホワイトニングで、こちらも知覚過敏が出にくいものの、効果はかなり弱くなるというものです。
1回の施術で1〜2段階白くなり、施術時間は1回1時間程度、料金は1回1万円程度となっています。
知覚過敏が怖い人にお勧め。

ポリリン酸ホワイトニング 

自分でポリリンを歯に塗ってから、LEDの光を前歯に当てる自分で行うホワイトニング方法です。
知覚過敏は出ない分、効果は弱く、何回塗布しても真っ白にはならないといわれています。
1回の施術で1〜2段階前後白くなり、また1回歯1本500円程度が相場です。

セルフホワイトニング 

自分でジェルを塗布し、LEDライトを前歯に当ててホワイトニングする方法です。
知覚過敏は出ないけれど、ホワイトニング効果は弱いため、繰り返し行っても真っ白にはなりません。
1回の施術で1〜2段階白くなるといわれていますが、1回数千円かかるので効果の割にコストは高めといえるかもしれません。


オフィスホワイトニングならココ!


湘南美容歯科

オフィスホワイトニング(スタンダードホワイトニング)を選べば、短時間でレーザーによるホワイトニング施術を行い、白い歯を実感することができちゃいます!
漂白剤を塗布した歯にハロゲンライトを照射することで、一度に多くの歯を白くすることができます。

一度施術を受けるだけ、しかも施術時間たった1時間程度で今の歯の色より白くできるので、1日で効果を実感したい方にお勧めです。
わずか12分、3回の照射で、白い歯が手に入るので、忙しい方にもピッタリです。
上下10本ずつ、合計20本の歯を一気にホワイトニングできるので、結婚式や面接、大事なプレゼンテーションなど、大事なイベント前に試してみたいですよね。

ミュゼ

ミュゼといえば、脱毛やエステを思い浮かべますが、歯のホワイトニングも行い、美のトータルケアを提供してくれています。
ミュゼのホワイトニング、「ミュゼホワイトニング」は、痛くない施術、安全・低価格で現状よりも3倍白い歯 にしてくれるといわれています。
料金は歯1本たったの500円!自分でホワイトニングに試行錯誤するより、実は安かったりするのですよね。
ミュゼの場合は、ポリリン使用で歯にも安心です。

ポリリンとは
たくさんの生き物の体の中に存在している生体成分、ポリリン。
その分割ポリリン酸を使ったホワイトニングは、効果は高いのに安全といわれています。
ポリリン酸Naは歯の汚れを落とし、ステイン除去を行った上に歯石がつきにくくなるように、歯をコーティングしてくれるので、透明感を残しつつ食べ物などでの着色をつきにくくしてくれるのです。


審美歯科☆オフィスホワイトニングとは?記事一覧

 

「キレイな白い歯で、笑顔に自信を持ちたい!けれど、歯のホワイトニングって、どのくらい時間がかかるものなの?!」歯のホワイトニングを希望される方は、1度の施術でキレイな白い歯になると思われている方も多くいらっしゃいますが、実は歯のホワイトニングはエステサロンの脱毛と同じで、種類によっては数回通わなくてはならないこともよくあります。ここでは、歯のホワイトニングの値段・期間・頻度について、見ていってみま...