ホワイトニング歯磨き粉

MENU
歯を白くしたい方が、もし躊躇しているのであれば、その理由は「経済的な理由」ではないでしょうか?

「審美歯科でホワイトニングをお願いしたいけれど、歯に数十万円かけるほどお金に余裕があるわけではない、そのために躊躇している。」
このようなお悩みをお持ちの方は、ホワイトニング効果の高い歯磨き粉に注目してみてください。

ホワイトニング歯磨き粉で白い歯を目指すのであれば、そこまでコストはかかりません。
さらに、人気のホワイトニング歯磨き粉は、それなりに効果が出るとも言われています。

さらに、「審美歯科でホワイトニングをお願いしたら、痛そうだから怖い。」という方も、ホワイトニングの効果が高い歯磨き粉なら、痛むことはまずないので安心ですよね。

ここでは、ホワイトニング効果のある歯磨き粉はどんなものなのか、ホワイトニング歯磨き粉の効果を最大限に生かす歯の磨き方やポイントなど、白い歯になる効果があるとい有れている歯磨き粉で歯を白くする方法について触れています。

「ホワイトニングの効果が高いという歯磨き粉を買ってみようかな」と思われている方、「簡単に歯を白くしたい」方はぜひ目を通してみてくださいね。

ホワイトニング歯磨き粉ってなに

ホワイトニング効果があるといわれている歯磨き粉は、一般的な歯磨き粉と何が違うのでしょうか?
その名前から、歯を白くする歯磨き粉だという想像はつくかもしれませんね。

普通の歯磨き粉とホワイトニング効果のある歯磨き粉の決定的な違いは、その通りホワイトニング歯磨き粉は「歯を白くするために特別に開発された歯磨き粉」だということでしょう。

歯を白くするために工夫が施され開発された歯磨き粉は、科学的に色素を分解し、白くする効果があるとされる成分を配合しており、さらに研磨剤が入っております。
研磨剤は、歯の表面についてしまう汚れや着色を、その名の通り磨いて落としてくれる働きが期待できます。

実はホワイトニング効果をうたっている歯磨き粉のほとんどは、この研磨剤が歯の汚れを削り取って白くしているだけで、歯自体が白くなっているのではないのです。

ホワイトニングのできる歯磨き粉は、審美歯科でホワイトニング施術を受けた際の歯の白さを保つために使うものである、ともいえるのですね。
日本では認可されていないホワイトニング成分が入っている歯磨き粉は、海外通販で手に入れるしかないのが現実ですが、日本の審美歯科やエステサロンでオフィスホワイトニングないしホームホワイトニングし、白くした歯の効果を維持したい方は注目する価値はある歯磨き粉です。

本当に歯磨き粉で白い歯になるの?

歯を白くする効果のある歯磨き粉の働きは、歯を白くするわけではなく、歯に付着してしまった汚れを削り落とすだけです。
ホワイトニング歯磨き粉だけで白い歯にするのは、実は不可能に近いことなのです。

「ホワイトニング効果のあるという歯磨き粉を使ったら、実際に歯が白くなった!」という方は、歯が削れて白くなっただけで、実際にその方の歯を調べてみると、逆に歯に細かい傷がついてしまい、色がつきやすくなってしまっている状態になっていることもあります!

最近では、歯医者さんでの歯のクリーニングでさえ、研磨剤入りの歯磨き粉はその後の歯が着色しやすくなってしまうため、歯科医院では使用しなくなっています。

素人の私たちが、「歯を白くするため」とホワイトニング歯磨き粉で力任せにごしごし歯をこすっていては、逆効果になっている、といっても過言ではありません。
ホワイトニング歯磨き粉は、ホワイトニングした歯の白さの維持のために使用するもの、と考えてください。

ホワイトニング歯磨き粉の効果をしっかり出すには?

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際には、ホワイトニング成分が入っている海外のものを使用することが一番ですが、海外のホワイトニング専用の歯磨き粉を手に入れるのは難しいという方もいらっしゃいますよね。
そこで、日本で市販されているホワイトニング歯磨き粉でできるだけ白い歯を目指すのであれば、次のポイントを守ってみてください。

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用する前に

ホワイトニング歯磨き粉を使用する前には、歯のホワイトニンググッズでは人気のメラミンスポンジのような歯の着色を落とす商品で、黄色くなってしまっている歯を白い歯に変えましょう。
この際に、削りすぎてしまうと歯のエナメル質を傷つけ、歯に色がつきやすい状態になってしまうので、気を付けてください。
さらに、歯を削るタイプのホワイトニンググッズは、週1回弱の使用にしておきましょう。
歯が弱ってしまいますよ!

ホワイトニング歯磨き粉で磨く
歯の着色を落とす商品で「歯の黄ばみが落ちたな」と思ったら、今度はホワイトニング効果のある歯磨き粉で、歯を1本1本ていねいに磨いていきましょう。
歯磨き粉に含まれている歯に着色している色素を分解してくれる成分が、それぞれの歯にしっかり浸透し、より白い歯にしてくれるよう働きかけてくれます。

フッ素ジェルを塗布
「ホワイトニング専用の歯磨き粉を使ったのに、フッ素ジェル?」と思われるかもしれませんが、一般的にホワイトニング効果のある歯磨き粉で磨いた歯の表面は、研磨剤で細かい傷がついています。
そのため、フッ素ジェルで歯をコーティングして保護してあげるのがベストなのです。

この際に、研磨剤の入っていないフッ素ジェルを選ぶのが必須です。
とはいえ、フッ素ジェルの場合はもともと研磨剤の入っていないものが主流なので、大丈夫でしょう。
気になる方は、ご使用になるフッ素ジェルのメーカーに確認してみてください。

ホワイトニング作用のある歯磨き粉の効果を高めるために

ホワイトニングがメインの歯磨き粉を使うのであれば、1本1本歯を丁寧に磨いていく必要があります。
そのためお勧めなのが、電動歯ブラシです。
手でも丁寧に磨くことはできますが、電動歯ブラシであれば細かい振動で歯に優しく当てるだけで、丁寧な歯磨きと同じ効果が得られます。
さらに、手動でやるよりも短時間で歯磨きを仕上げることができますよ。

もちろん、歯磨きのテクニックも特に必要ないので「普通に毎日歯を磨いているのに、虫歯ができてしまう」など、歯磨きが下手な方でも安心です。
もちろん、手動よりも、ステインが落ちやすいのも電動歯ブラシの魅力の一つといえますね。

さらに、歯ブラシのブラシは、通常の歯磨きの時と、ホワイトニングをするための歯磨き粉を使うときの歯磨きの時のブラシを交換したいものです。
普通の歯磨きの時には、柔らかめ〜普通の硬さの歯ブラシに、ホワイトニング専用の歯磨き粉を使うときには、硬めのブラシに変えるというように、歯のホワイトニングを目指す方は、面倒くさくても歯ブラシのヘッドを変えることを心がけてください。

手動では落としきれない汚れをきれいにとってくれる電動歯ブラシ、ホワイトニング歯磨き粉を使用するのであれば、替えのヘッドも合わせてぜひ手に入れたいですね。

ホワイトニング効果を最大限に生かす電動歯ブラシの使用方法

ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用して歯を白くしたい方は、電動歯ブラシの使用方法も工夫しましょう。
まずは、歯磨き粉をつけて、電動歯ブラシで歯を磨くときには、「強く歯に当てない」、「同じ場所に長く当てない」、「歯茎に当てない」が基本となります。

ついつい歯ブラシを持つと、ごしごしとこする習慣のある方は要注意です!
電動歯ブラシは、普通に手で磨くより強い力が歯に働いているため、歯の表面を傷つけてしまうこと、さらに歯茎に当ててしまうと、歯茎にダメージを加えてしまうことがあるからです。

電動歯ブラシを、歯のホワイトニングのために購入する、という方は、購入前にお目当ての電動歯ブラシの口コミやレビューを確認し、さらに売り場の担当者にもお勧めのものを聞いてみるとよいでしょう。