ホームホワイトニング

MENU
一昔前まで、歯の白さや歯並びは、そこまでひどくなければあまり気にする人がいなかった日本。
虫歯がなければ、それでよし、といった風潮がありましたよね。

ところが、アメリカなど欧米諸国では、かなり前から「歯並びや歯の白さで家柄がわかる」といわれ、日本よりももっと歯を気にする文化が根付いていました。
そのアメリカ人の「歯並びの整った白い歯を大切にする」流れがとうとう日本にもやってきたようです!

今や日本でも、芸能人ではない一般人の人でも、「歯並び」や「歯の白さ」を気に掛けるようになりました。
ところが、美容目的の歯医者の受診は保険が効かず、歯列矯正やホワイトニングの料金はかなり高額になることも知られており、そのせいで二の足を踏んでいる人が多いのも事実なのです。
審美歯科の場合、数十万円かかってしまうことも、よくある話ですからね。

ここでは、そんなホワイトニングコストの悩みを解消してくれる、自宅でできるホームホワイトニングについてご紹介しています。

「ホームホワイトニング」と書くと、難しく感じてしまうかもしれませんが、実はとっても簡単だったりするのです。
白い歯にはしたいけれど、金額的に余裕がない、という方はぜひ、ここでやり方を学んでみてくださいね。

ステップ・バイ・ステップのホームホワイトニング

ホームホワイトニングを行う上で大切になってくること、それはまず「歯磨きの方法」です。
歯磨きが適当なのに、白い歯を維持することは不可能、といっても過言ではないでしょう。
ホームホワイトニングをスタートする前に、基本の歯磨きをマスターしてください。

白い歯にするための歯の磨きかた

ホームホワイトニングを始める前に、歯の汚れやシミ、ステインを十分取り除くための歯磨き方法を学んでみましょう。
これが歯を白くする裏技ともいえるでしょう。

まずは歯ブラシ選びから!

歯ブラシは、柔らか目や硬いもの、いろいろなカットの歯ブラシが市販されていますが、白い歯にするためのステインを取り除く歯ブラシは、どんなものがベストなのでしょうか?
ステインをしっかり落とすためには、毛先は固く、歯ブラシのヘッド部分は小さめのものを選びましょう。
普段の歯ブラシは柔らかめ、普通の硬さを使っても構いませんが、仕上げ磨きように硬めの歯ブラシを用意しておいてください。

さて、白い歯を目指すための歯磨き方法ですが、まずはいつもの歯ブラシで、いつもの歯磨きをしてください。
歯の汚れやカスを、まずはいったん落としましょう。
それから、ステイン除去効果がある歯磨き粉、またはクレストなどホワイトニング効果が高い歯磨き粉を使って、丁寧に磨いていきます。
ポイントとしては、歯を磨く際に、ゆっくりと力を入れず、歯茎に当たらないように歯だけを磨いていきます。

硬めの歯ブラシは歯茎を傷つけやすくなるので、鏡をみながら1本1本確認しつつ磨いていきましょう。
歯の横、奥歯、裏側は、なかなか白くなりにくいパーツでもあるので、細かくブラシを当てていきましょう。
歯磨き後は、ちゃんと磨けているか、必ず手鏡で確認しましょう。

オーガニックのホワイトニング効果ありの歯磨き粉などもあるので、オーガニック生活を崩したくない方で、歯のホワイトニングに興味があるという方は、まずは歯磨きで白い歯を目指してみてはいかがでしょうか。

ホームホワイトニングとは?

ホームホワイトニングとは、マウスピースと、ホワイトニングの薬剤を使って、自宅で歯をホワイトニングする方法です。
ホームホワイトニングで失敗をしたくない方は、ドラッグストアで市販されているものよりも、歯科医院専売の薬剤を入手するのがベストですね。
薬剤を塗布して、マウスピースを装着し、後は説明書通りに時間をおき、終了です。

週に1回程度、または歯の白さが気になった時に行うだけでよいので、かなり手軽ですね。
5分でホワイトニングができるタイプのものから、2時間放置時間がかかるものもあるので、メーカーによって放置時間には差があるようです。

ホワイトニング用の歯マニキュア

ホームホワイトニングと合わせて「手っ取り早く歯を白くしたい」「今だけ歯を白くしたい」など、仕事の面接やデート前、何か大事なイベントごとがある日に、とりあえずその日限定・期間限定で歯を白くするのであればお勧めなのが、歯マニキュアです。
歯マニキュアは、その名の通り歯専用のマニキュアで、指につけるマニキュアとは違います。

歯ブラシだけでステインを取り除くのが難しい、けれどとにかく今は白い歯でばっちり決めたい、そんなときにササッと利用できるので、短期間ではありますが白い歯を演出することができ、便利です。

もちろん、歯につけるマニキュアは指につけるマニキュアのような臭いはなく、刺激臭が心配な人でも大丈夫です。
マニキュアは短期間だけしか効果は持続しないため、徐々に色が落ちてきて、最終的には歯磨きをすると、元の歯の色に戻ります。

歯磨きをしなければ、色は案外持続できること、また最近の歯マニキュアは自分の好きな白さも自然タイプや、真っ白タイプなど色を演出できるので、1つもっておくと安心かもしれません。
歯マニキュアは市販されていますが、インターネットの通信販売を利用すると、お手軽ですよ!

歯マニキュアは、塗る前にしっかり歯を磨いて、ティッシュなどで歯の表面の水分をオフしてから塗布します。
ちょっとだけ歯マニキュアを出し、歯に一気に塗っていきましょう。10秒間、歯をむき出しにして乾かせばOK!水分はとったほうがしっかりつくので、歯は乾かし、また口を閉じる前に歯マニキュアは乾いたか確認してから閉じましょう。鏡を見ながら、明るい部屋で塗布するのがポイントです。

女性であれば、デート前に歯をちゃちゃっと白くするだけでも、印象は大幅アップ!
歯が白いだけで、美人度があがります。
男性も、大切な会議のプレゼン前は、歯マニキュアで歯を白くして置けば、自信を持って会議に挑めそうですよね。
歯マニキュアはホームホワイトニングの中でも、料金はリーズナブルなので、ホワイトニングの第1歩を踏み出すものとしてお勧めです。

リステリン

日本では未発売の、フッ素入りのリステリンNo6は、虫歯に強くする歯にしてくれるだけではなく、歯周炎予防、歯石予防以外に、歯を白くする効果があるのです!
さらに、長時間の口臭予防にも優れているので、ホームホワイトニングを始めるのであれば、リステリンNo6は手に入れたいものですね。
海外商品ですがインターネット通販などで、手に入れることができますよ。

歯のホワイトニングテープ

アメリカなど海外では人気の、歯のホワイトニングテープ。
日本ではまだ知名度は低いですがその効果も高めなので、ホームホワイトニングをお考えの方は知識として知っておきたいものです。

実は歯のホワイトニングテープは、日本のメーカーさんからは発売されていません。

アメリカで人気があるのは、クレストホワイトストリップス。
P&Gが開発して発売しているので、胡散臭いこともなく、安心して利用できそうですよね。
日本で発売していないのなら、どうすればいいの?と思われるかもしれませんけれど、ちゃんと輸入されたものが、アマゾンなどで販売されています。

ホワイトニングではかなり有名なので、「あ、クレストって聞いたことある!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。
クレストのホワイトニングテープは、1日1回30分程度塗布して置けば、使いだして3日くらいで効果が感じられるとい有れており、20日程度で真っ白になるといわれていますよ。

ホワイトニングテープの場合、歯磨き粉を付けて歯を磨くのはNG。
使う前に、歯磨き粉を使ってしまうと、効果が出なくなってしまうそう。
とはいえ、水を付けた歯ブラシで丁寧にブラッシングをし、プラークを落としてから使用します。
歯を磨いてから使わないと、効果がなかなか出ませんので、注意してください。

袋から出したら、上の歯用のホワイトニングテープから貼っていきます。
ジェルのついているほうを、ペタッと付けてください。
次は、下の歯です。はみ出たテープは折り曲げて歯の裏側に着ける感じで、使用します。30分経ったら、15秒程度口をゆすいで、テープを取り外せばOKです!

ホワイトニングガム

ホワイトニングガムは、ガムを噛めば歯が白くなる、ということで販売されていますが、実際にはホワイトニングガムだけで歯が白くなることはないようです。

ただし、コーヒーなどを飲んだ後にホワイトニングガムをかむことで、歯磨きをしている効果と同等の効果が得られるといわれています。
歯を白くするというよりは、歯に着色するのを防いでくれる働きが、期待できるようです。

歯を白くする裏技

メラミンスポンジ

歯を白くする裏技として、「メラミンスポンジ」が挙げられます!
そう、メラミンスポンジというのは、水に濡らしてこすると、深紅の汚れや食器の汚れがするりと落ちる、アレです!
黄色い歯の色も、実は汚れなので、メラミンスポンジでこすれば落とすことができちゃうのです。

こういった歯の汚れをこすり落とすホワイトニング方法は、500円から1000円程度で試すことができるので、気軽に試すことができますよ。
ただし、こういったこすり取る系のホワイトニングには、注意が必要です!
実は、間違った使い方をしてしまうと、歯を傷つけてしまうことがあるのです。
メラミンスポンジを使用する場合は、週に1回から2回程度にし、気を付けてやるようにしましょう。

ラピッドホワイト

メラミンスポンジと似たような効果が得られるのが、ラピッドホワイトです。
アメリカで、 1998年に開発されあホームブリーチングシステムで、マニキュアのようですが、実際に歯の中からヤニ&黄ばみをはがして取ってくれるというもの!

使い方も、歯に塗って、上塗りして、乾かした後は、歯を磨くというのを1日2回、2週間行うだけという手軽さなんです!ホワイトニング初心者にもお勧めです。

Go Smile

アメリカの審美整形歯科医ジョナサン・レヴィンが開発し、ハリウッドセレブにも人気というホームホワイトニングの先駆者といえるのが、Go Smileです。
しかも、1日2回、1週間程度で効果が見られるというのも、うれしいですよね。

実際効果があったというレビューが多いのもこの商品ですが、使い方は、ジェルを塗布して放置するという、いたって簡単な方法なので間違うことなく使えるのもポイントが高いです。
審美歯科医が作ったというだけあって、安心して使用できますね。

重曹

「重曹で歯が白くなるの?」と思われるかもしれませんが、実は重曹は、ホワイトニング効果が得られる万能の歯磨き粉なのです!
虫歯予防、口臭予防もできますし、食品としても使用できるため、安心して口に入れることができますね。

歯に使用する重曹は、食用(料理用)の重曹で、歯ブラシは柔らかめのブラシを使用することがポイントです。
時間をかけて歯を1本1本、丁寧に磨いていきましょう。
時間をかけるほど、汚れが剥がれ落ちるように、歯が白くなります。

食材で白い歯を目指す!

ホームホワイトニングをするうえで知っておきたいのが、ステイン、要するに歯にシミのように色を付けてしまう食べ物と、歯を白くする食べ物があるということです。

歯を白くするといわれている食べ物

チーズ、ごま、鮭、きのこ、玉ねぎ、パイナップル、ブロッコリー、しょうが、ニンジン、バジル。

歯にステインを残してしまう食べ物

コーヒー、紅茶、お茶、コーラ、赤ワインなどの飲み物。

これらの飲み物は、白い歯にとっての強敵です。
飲んだらすぐにうがいをする、飲むときはストローで飲むなど工夫をするとよいそうです。
さらに、タバコは歯を黄色くしますよね。
スポーツドリンクも歯のエナメル質を弱くしてしまうので、飲んだら歯を磨くなど、対策をしましょう。

オーガニックで白い歯を目指したい人は

オーガニックのホワイトニング専用歯磨き粉がいろいろあるので、そういうものを試してみるのもあり。
さらに、歯が黄色くなってしまう要因を作っている生活習慣を変えたり、対策を取るのがベストです。

朝、必ずブラックコーヒーを飲まれる方は、飲んだ直後に歯ブラシをする習慣を身につけましょう。
さらに、お酢で着けてあるピクルスなど漬物類や、調味料のケチャップ、ソースのとり過ぎも、歯にシミがつきやすくなるそうなので、食べるときは気を付けたいものですね。

ホームホワイトニング〜自宅でできる簡単な方法記事一覧

 

歯を白くしたい方が、もし躊躇しているのであれば、その理由は「経済的な理由」ではないでしょうか?「審美歯科でホワイトニングをお願いしたいけれど、歯に数十万円かけるほどお金に余裕があるわけではない、そのために躊躇している。」このようなお悩みをお持ちの方は、ホワイトニング効果の高い歯磨き粉に注目してみてください。ホワイトニング歯磨き粉で白い歯を目指すのであれば、そこまでコストはかかりません。さらに、人気...