デメリット

MENU
歯のホワイトニングが気になる方がちょっと検索してみると、歯のホワイトニングにはいくつかデメリットがあることがすぐにわかるかと思います。
ここでは、歯のホワイトニングによくあるデメリットやリスクについて、ご紹介しています。

ホームケアのメリット・デメリット

歯のホワイトニングを家で行おうという方が知っておきたい、メリットとデメリットから見ていきましょう!

ホワイトニング歯磨き粉の場合

ホワイトニング歯磨き粉は、実際には黄ばんだ歯、黒ずんだ歯のホワイトニングの効果は期待できないというのが最大のデメリットといえますね。
さらに、歯の表面が傷ついてしまい、逆効果になる恐れもあるということ。
磨きかた次第で、着色しやすい歯になってしまうのです。
メリットは、コストが安いこと、審美歯科などで歯のホワイトニングを行った場合、その白さを維持するのに使えることです。

ホワイトニングテープの場合

歯のホワイトニングテープのメリットは、気軽に挑戦できること、料金が安いことでしょう。
初心者でも難しくない使用方法もメリットといえばメリットといえるかもいれませんね。
デメリットはまだらに白くなってしまったり、効果がいまいち感じられないこともあることでしょう。

オフィスケアのメリットデメリット

プロにお任せする、歯のホワイトニングのオフィスケアにもメリット、デメリットがあります。
エステなどでも行えるホワイトニングですが、ここでは審美歯科の場合について触れておきます。

審美歯科での歯のホワイトニングのメリットは、なんといっても歯を数か月から1年くらいは白く維持できることでしょう!
さらに、自分の気になるホワイトニング方法を経済状況やホワイトニングの効果の即効性などで選ぶことができるのも、メリットですね。
たくさんの方法がありますので、白い歯をすぐに実感したい方には、ぴったりのホワイトニング方法です。
自己流でやるわけではないので、安全性の面でも安心です。

デメリットとしては、歯のホワイトニングの効果が強いものを選ぶと、知覚過敏になるリスクもあること。
それから、コストがかかることも、デメリットの一つとしてあげることができますね。
1度で終わらず、さらに歯を白いままキープするにはメインテナンスも必要ですから。
さらにプロが施術を行っても、白い歯がまだらの白さになってしまうこともあります。

同じく審美歯科でも、ホームホワイトニングの場合、自宅で装着するためコストがかからないことはメリットといえるでしょう。
初期費用としてマウスピースの作成費などは発生しますが、他のホワイトニング方法と比べるとかなり安価です。
デメリットは、効果が表れるまでに時間がかかるということでしょう。